梅雨入り予想2020年【関西・近畿】

梅雨入り予想
スポンサーリンク
避難生活に必要なもの、揃っていますか?
ディフィンドフューチャー

グラフ付きで見やすい2020年関西・近畿の梅雨入り予想

2020年の関西・近畿の梅雨入りの時期を予想します。

気象庁発表の過去データからグラフを作成し、最近の傾向などが一目で分かるようにまとめました。

2020年の関西・近畿の梅雨入りは6月5日から6月20日ころと予想

2020年の関西・近畿の梅雨入りは6月5日から6月20日ころと予想します。

平年と直近5年の梅雨入りのデータは下記の通りです。

  • 平年:6月7日ごろ
  • 2015年:6月3日ごろ
  • 2016年:6月4日ごろ
  • 2017年:6月20日ごろ
  • 2018年:6月5日ごろ
  • 2019年:6月27日ごろ

引用元:気象庁

関西・近畿の梅雨入りはここ数年は平年よりもやや早い傾向がありますが、昨年2019年は最も遅い6月27日ごろの梅雨入りとなりました。

異例に早いまたは遅い梅雨入りの翌年は平年並みの梅雨入りの年が交互に来ています。

2019年は最も遅い梅雨入りの6月27日だった

平年並みの梅雨入り・遅い梅雨入りが交互に来ているので今年は平年並みの可能性もありますね。

又は今年も遅めの梅雨入りの可能性もあるので2020年の関西・近畿の梅雨入りは6月5日から6月20日ころと予想します。

近畿地方に属する府県

近畿地方には

  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県

以上の6つの府県が含まれます。

いわゆる「関西」と言われる地域ですね。

関西・近畿の梅雨の雨の降り方

関西・近畿地方は気象庁ではひとまとめにしてありますが、地域によって雨量がだいぶ違います。

兵庫や大阪などの瀬戸内気候区

兵庫や大阪などは瀬戸内気候区と呼ばれる少雨で温暖な地域です。

少雨とは言え、梅雨時期には局地的に大雨が降る地域があります。

神戸などの六甲山の山沿いエリアは比較的大雨が降りやすいです。

「山の天気は変わりやすい」と言われますが、その通りに局地的な大雨などに注意しましょう。

紀伊半島

紀伊半島はエリアによって雨量が全く違います。

例として和歌山県を紹介しますが、南北に長い和歌山県は北部では穏やかな瀬戸内気候区、南部は雨が多くなります。

引用元:和歌山県HP

海沿いか、山沿いか。

北部か、南部か、など場所によって気候が違います。

関西・近畿地方へお出かけの際にはエリアごとの情報を手に入れましょう。

以上、2020年の関西・近畿の梅雨入り予想でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました