梅雨明け予想2020年【九州南部】

梅雨明け予想
スポンサーリンク
避難生活に必要なもの、揃っていますか?
ディフィンドフューチャー

グラフ付きで見やすい2020年九州南部の梅雨明け予想

2020年の九州南部の梅雨明けの時期を予想します。

気象庁発表の過去データからグラフを作成し、最近の傾向などが一目で分かるようにまとめました。

2020年の九州南部の梅雨明けは7月10日から7月25日ごろと予想

2020年の九州南部の梅雨明けは7月10日から7月25日ごろであると予想します。

平年と直近5年間が下記のようになります。

  • 平年:7月14日ごろ
  • 2015年:7月14日ごろ
  • 2016年:7月18日ごろ
  • 2017年:7月13日ごろ
  • 2018年:7月9日ごろ
  • 2019年:7月24日ごろ

出典元:気象庁

ここ数年は平年から大きく離れることは少なかったのですが、2019年は平年から10日遅い梅雨明けとなりました。

平年値から大きく離れることが少ないグラフ

グラフを見ると梅雨明けが遅くとも7月25日付近、早くとも7月10日付近という年がここ20年ほど続いていますね。

このため、今年の梅雨明けもこの範囲に収まるだろうと予測し、九州南部地方の2020年の梅雨明けは7月10日から7月25日ごろになると予想します。

九州南部地方に属する地域・県

九州南部に属する地域と県は

  • 宮崎県
  • 鹿児島県の本土
  • 種子島
  • 屋久島

上記のようになります。

気象庁の区分けが一般的な認識とは若干違うようなので注意しましょう。

以上、2020年の九州南部の梅雨明け予想でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました